【動画】アップルがWWDC2013で上映したプロモーション映像『Intention』

【動画】アップルがWWDC2013で上映したプロモーション映像『Intention』

WWDCとは、カリフォルニアで毎年開催されるApple主催のイベントの事。
WWDCで発表される内容には世界中が注目し、毎回多くの人がカリフォルニアまで足を運び、現地へ赴けない人はTWITTERやFacebookやブログメディアなどで公開される取材された内容に、釘づけになっています。

そのWWDC2013でAppleは思想や理念を告知するプロモーションビデオとして、『Intention』を公開しました。

その内容はテキストとドットと線のみで描き、色も淡いグレーと黒だけという潔さ。
Appleの製品らしい、無駄や贅肉のそぎ落とされたものとなっています。

アップルがWWDC2013で上映したプロモーション映像『Intention』1

目に優しい淡いグレーの背景で始まります。
テキストと線とドットだけで描く、シンプルなモーショングラフィックス。

アップルがWWDC2013で上映したプロモーション映像『Intention』2

点や線も、明確な意思をもって描かれているようです。

アップルがWWDC2013で上映したプロモーション映像『Intention』3

ボケ具合で奥行きを表現。

動画はこちらからどうぞ。

おおよその意訳はこんな内容でしょうか(間違っていたらゴメンナサイ!)

もし皆が物を作るという事に追われていたら、
完璧な物に仕上げる事ができるでしょうか?

私たちは便利である事が楽しさだと、
また選択肢が多くある事が豊かさなのだと混同し始めている。

何かをデザインする時には焦点を合わせる事を求められている。

私たちは(製品を使う)人々に、どの様に感じて欲しいかを最初に問いかける。
『喜び』『驚き』『愛情』『繋がり』
そして私たちは私たち自身の意図を込めて手で作り始める。
時間は掛かるけれども…

1つ1つの『YES(OK)』の前には、何千もの『No(ダメ)』が存在している。
シンプルにする。完璧な物を作る。そしてやり直す。
私たちの触れる全てのものが、皆の生活を高める事が出来るようになるまで。

そしてやっと私たちは私たちの作品にサインを刻む。
『Designed by Apple in California』と。

今後も目が離せませんね。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

フィードメーター