【動画】映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画

【動画】映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画

2014年1月10日追記

昨日同様、有名なVFXスタジオ、I.L.M.(インダストリアル・ライト&マジック)による、怪獣のモデリングやデジタル処理を取り上げたメイキング映像が公開されていましたので、記事下部に追記しました。
是非併せてご覧下さい。


2014年1月9日追記

有名なVFXスタジオ、I.L.M.(インダストリアル・ライト&マジック)によるメイキング映像が公開されていましたので、記事下部に追記しました。
映像の大半が3DCGと実写の合成で作られている事がよく分かる動画になっています。是非併せてご覧下さい。


8月9日公開の映画『 パシフィック・リム 』。
最近の映画は3DCGを使ったデジタル処理と切っても切り離せないほど、密接なつながりがありますが、映画『パシフィック・リム』も例外ではありません。

グリーンバックで撮影した後、背景をデジタル処理で作り込んで行ったり、巨大ロボットや巨大怪獣もフルにCGが使われ、迫力と臨場感の溢れる映像が出来上がっていくさまがよく分かります。

映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画1

3DCGのテクスチャが張られていないデータも、

映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画2

リアルなテクスチャや光源を設定されると、まるで目の前に実際に存在しているかのようです。

映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画3

巨大ロボット『イェーガー』が大きな船を抱えて歩くシーンも、

映画『 パシフィック・リム 』のデジタル処理の凄さがよく分かる動画4

嵐と雨も加わり、本当に街中を歩いているような、大迫力です。

動画はこちらからどうぞ。

映画の予告もありますので、あわせてどうぞ。

みるみる形を変えて出来上がっていくさまを見ると、ドキドキしますね!(*´ω`*)

2014年1月9日追記

アメリカにある有名なVFXスタジオ、I.L.M.(インダストリアル・ライト&マジック)によるメイキング映像です。
映像の大半が3DCGと実写の合成で作られており、その幾重にもエフェクトやCG映像を重ねて、リアルな世界観を表現していく様には目を見張ります。

3DCG3DCGアニメーション、そしてビジュアルエフェクトの技術は、極めればどんな世界でもリアルに表現できてしまいそうですね。
凄いなぁ(*´ω`*)

2014年1月10日追記

昨日同様、VFXスタジオ、I.L.M.(インダストリアル・ライト&マジック)による、怪獣のモデリングやデジタル処理を取り上げたメイキング映像です。

怪獣も骨組みからモデリングされ、生き物特有のランダムで有機的な動きを上手く表現している事が分かります。

口を開ける、手を上げる、尻尾を揺らす。
ただそれだけの行為なのに、それにつれて周りの肉や肌(ウロコ?)もつられて動いている様を、違和感なく表現しているのですね~。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター