【動画】3DCGアプリケーションの特性を上手く活かしたアニメーション『Cubic Tragedy』

【動画】3DCGアプリケーションの特性を上手く活かしたアニメーション『Cubic Tragedy』

映画などで使われる3DCGというとリアルでどこからCGかが分からないものが多いものですが、この作品は見るからにCGという外観。
でもその外観である事にも理由があって…。
3DCGアプリケーションの特性を非常に巧みに取り込んだ楽しい(悲しい?)作品となっています。

リアルに表現が可能な3DCGの世界で、まるでモデリング途中のような造型をしていますが、だからこそモデリングを行うツールの1つであるアンカーポイント削除ツールや、1つ前のコマンドへ戻るというアンドゥ(ctrl+z)コマンドを活かせていると感じました。

話自体はバッドエンドですが、リアルに表現していたら・・痛々しすぎて見ていられないかもしれませんね。
台湾大学の学生の作品の様です。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

フィードメーター