【動画】驚きの「ダイシンブランド」。精密機械加工のスペシャリスト大槇精機による、チタンの塊から優美な王冠を5軸加工機で削り出すデモ動画が凄い

【動画】驚きの「ダイシンブランド」。精密機械加工のスペシャリスト大槇精機による、チタンの塊から優美な王冠を5軸加工機で削り出すデモ動画が凄い

この技術は本当に凄い…。
長い間、日本のモノ作りを支えてきた高い技術が垣間見える映像です。

埼玉県にある 株式会社 大槇精機(ダイシンセイキ)は、精密機械加工のスペシャリスト。
難切削材料やとんでもなく複雑な形状のものでも、その高い技術と最新鋭の5軸加工機で作り上げてしまいます。

今回ご紹介するのは、大きなチタンの塊(60kg)をあらゆる方向から5軸加工機で削りまくり、最終的には1.9kgの優美な形をした王冠を削り出すデモ映像です。
60kgの大きな塊が1.9kgという事は、実に元の塊のおよそ97%を削り取った事になりますが、特筆すべきはその複雑な紋様の形状や、刃物が入りきらないだろう?!と思えるような裏面まで、計算しつくした上で加工されている所。
チタンはイヤな粘り気のある金属で難切削材としても有名ですが、そんな事は感じさせずに削り進んで行きます。凄いな…。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting1

これが60kgのチタンの塊。ここから王冠を削り出していきます。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting2

少しずつ少しずつ、エンドミルなどの切削ツールを使って削り進められていきます。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting3

中もくり抜き、切削加工していきます。ツールが被切削物にブツかりそう…。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting4

有機的な紋様も。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting5

3DCADでモデリングされたデータと、

daishin-seiki-5axis-machine-cutting6

3Dスティックで編集した3Dデータを元に機械を走らせます。

daishin-seiki-5axis-machine-cutting7

元の塊からおよそ97%が削り去られた王冠の姿。

ン千万円する5軸加工機なんだろ…?4分12秒の映像です。

こういった複雑な加工は、最新の機械設備を入れたら出来るというものではなく、そこには職人技とも言える確かな技術が無ければ、なかなか出来るものではありません。
データを作る人・加工機を操る人の連携が、とても上手く行っているのではないでしょうか。

そしてこちらはだいぶ古い動画ですが、アルミの塊からヘルメットを削り出す有名な動画です。
後部にあるメッシュ模様とか凄いな…。

そしてこちらも。アルミとチタンから削り出したギター。
どんな音色を奏でるのでしょうか?

つくづく思いますが、大手のメーカーだけでなく中小企業も、こういったプロモーション動画やデモ動画をどんどん公開して、自社の技術をアピールしていくと良いんじゃないでしょうか。
アピールできる技術が無い所は値段で勝負するしかありませんが、「ここに力を入れてます!」という技術があるのなら、YouTubeやvimeoなどの動画配信サービスは宣伝の良いツールになると思うのですが。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター