ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い

ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い

3Dプリンターを活かしてモノ作りをするものには、以前ご紹介したギプスのコンセプトや、照明器具などがありましたが、今回ご紹介するのはベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が作る、3Dプリンターを使ってチタン製の眼鏡です。

スポンサーリンク

ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い1

更なる軽量化と強度アップも兼ねて、ハニカム状の空間を設けた前枠。

ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い2
ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い3

丁番はネジを使わずに、チタン形状記憶合金を使って作られているので、ネジが緩んで外れてしまう事はありません。

ベルギーのアイウェアブランド『 Hoet 』が3Dプリンターで作る、チタン製の眼鏡が凄い4

眼鏡の世界でチタンという素材は、ニッケルアレルギーがない(顔に掛けるものなので、肌と触れ合う部分でアレルギーが出ると大問題です)とか、軽い(重いものを掛けるとズリ下がってきたり、疲れる原因に)とか、非常に腐食しにくい(錆びが原因で折れる事は無くなりますね)等々の様々な理由で、素材として使われる事が当たり前になっていますが、金属を固める事ができる3Dプリンターは非常に高価という事もあり、チタンを3Dプリンターで固めて作る眼鏡は初めてじゃないでしょうか。
(これまでにもナイロン樹脂を3Dプリンターで固めて作る眼鏡はありましたが)

この様に3Dプリンターが生産の場に入ってくると、ユーザーの顔の形に合わせた、フルオーダーメイドの眼鏡なんかも作れるようになるという所は、非常に大きなメリットですよね。3Dプリンターでしか作れない面白い形や、3Dプリンターでしか出来ない構造なんかも考えていくと、クリエイターの表現力もより活かされそうです。

イメージムービーもありますのでご覧ください。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター