【超危険!】ハンマーでぶっ叩きながら座面を形作っていく椅子

【超危険!】ハンマーでぶっ叩きながら座面を形作っていく椅子

こんなのアリか…。
購入時は四角いステンレスの大きな箱だったものを、付属品のハンマーでゴインゴインどつきながら、座面を形作っていく椅子『Do hit chair』(2000年の作品)です。

ハンマーでぶっ叩いて座面を形作っていく椅子1
ハンマーでぶっ叩いて座面を形作っていく椅子2

デザインはMarijn van der Poll氏。
オランダデザインで有名な droog designウェブショップでも販売されています(2013年6月8日時点では在庫なし。およそ60万円のようです)。

(via: Designs & Ideas on Dornob )

動画も見ると相当な体力が必要っぽいですね..。勢い余って家を破壊してしまいそうです。
世界にたった一つだけの形、またデザイナー:Marijn van der Poll氏とのコラボレーションと考えると、そこに新たな価値があるようにも感じます。

同じように座面をユーザー自身の手で形作っていくという考え方のソファが、2002年の東京デザイナーズウィークにデザイナー:梶本博司氏の作品で出品されていたのを思い出しました。

梶本博司氏『炭鉱夫のソファ』

梶本博司氏『炭鉱夫のソファ』 via JDN

こちらはウレタンフォームをユーザー自身の手でむしって座面を形作っていくという面白いソファです。
オーダーメイドもそうですが、世界に一つだけの形というものには不思議と魅力を感じますね。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター