成安造形大学 卒業制作展・進級制作展 2013 『成安満開』に展示されていた、阿修羅像の骨格造型が凄い

成安造形大学 卒業制作展・進級制作展 2013 『成安満開』に展示されていた、阿修羅像の骨格造型が凄い

2014年1月29日から2月2日まで、京都市美術館で開催されていた成安造形大学卒業制作展・進級制作展 2013 『成安満開』へ出品されていた、阿修羅像の骨格造型『 Asura 』が話題です。

作者は3年生の林宗将氏。
古生物復元画家・イラストレーターでもあり、同大学のイラストレーション領域の准教授でもある小田隆氏のゼミも受けつつ、制作をされていたそうで、阿修羅像の骨格標本がもしもあったなら、こんな形状をしているのかも?と思わせる仕上がりです。

asura1

asura2

asura4

工業デザイナーの山中俊治氏も。

そして熱い解説がされていきます。

最後のツイートにもありますが、本物の阿修羅像と並べて見てみたいですね。
独自の解釈で再構築して、また新たな美を再発見できるアートって、素晴らしいと感じます(*´ω`*)


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




“成安造形大学 卒業制作展・進級制作展 2013 『成安満開』に展示されていた、阿修羅像の骨格造型が凄い” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    アドバイス?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

フィードメーター