【動画】黒板にチョークだけで描く、チョークアートのテクニックが凄い映像『 Pardon My Dust 』

【動画】黒板にチョークだけで描く、チョークアートのテクニックが凄い映像『 Pardon My Dust 』

多分ほとんどの人がやった事があるであろう、黒板の落書き。
それをもっと高いレベルで、よりアーティスティックに描いていくと、こんなチョークアートと呼べるものになるという映像『 Pardon My Dust 』をご紹介します。

作者で、ゲームなどのコンセプト・アーティストでもあるPeter Han氏が『Dynamic Sketching.(ダイナミック スケッチング)』とも呼んでいる、とても真似できないチョークアートの早送り映像です。

pardon-my-dust1

おもむろにアタリを付けながら描いていくPeter Han氏。

pardon-my-dust2

中心線や骨格、裏面への回り込みを意識しながら描かれている事が分かります。

pardon-my-dust3

次々に姿を現す海の生物たち。

pardon-my-dust4

プロポーションや動きの付け方が、とても上手い!

pardon-my-dust5

作者のPeter Han氏と、肩に乗せたタランチュラ

pardon-my-dust6

そのタランチュラを今度は描いていきます。

pardon-my-dust7

見えている所だけでなく、裏面になる見えない部分にも意識を払って描かれていますね。。。

これはとても真似できないテクニックです。3分44秒の映像です。

普通のスケッチだと、白い紙に黒い鉛筆などで描いていくため、影のイメージが分かりやすいのですが、こういった暗い背景に白い画材で描いていく場合は、光の当たった明るい所を意識しながら描いていかねばなりません。
この意識の違いはなかなか大きく、慣れるまでに結構時間も掛かるものですが、さすがは本職です。

Peter Han氏のウェブサイトには、他にも様々なスケッチやイラストレーションが掲載されていますので、是非併せてご覧下さい。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター