日本からも続々と!Google Glassに続くように、ウェアラブル デバイス メガネ『 viewっと めがね 』や『 雰囲気メガネ 』が発売・発表されています

日本からも続々と!Google Glassに続くように、ウェアラブル デバイス メガネ『 viewっと めがね 』や『 雰囲気メガネ 』が発売・発表されています

昨日Twitterで話題になっていた、新しいデバイスメガネ『 雰囲気メガネ 』。
これからは日本からも、続々とウェアラブルなデバイスメガネが出てくるのかも知れません。

Google Glassは昨年から一部ユーザーに配布されるなどしている、ヘッドマウントディスプレイ(映像をレーザーで網膜へ映し出すもの)型のウェアラブルコンピューター。
レーザーで映像を照射するため、精度が必要とされ、内部のメカニズムも複雑・高価なものとなります。
GoogleならではのAndroid端末も活かして、これから様々なアプリと共に一般ユーザーへ普及し始めようかという段階。

スポンサーリンク

一方日本でもGoogle Glassが発表されるよりも前から、同様のヘッドマウントディスプレイは開発されています。
例えばブラザー工業株式会社から発売された『 AiRScouter 』もその1つ。
どちらかと言うと産業ユースなため、一般の人は手に入れづらいかも知れませんが、工場や現場で網膜に照射される映像を見ながら作業できるため、マニュアルと見比べながらという煩雑さが無くなるというもの。
結構大ぶりですな…。度入りレンズ対応です。

そして近年では、株式会社 玄武プランニングスから発売中の『 viewっと めがね 』も、ウェアラブルなデバイスメガネの1つ。
こちらは日本で生産されている眼鏡の大半がココで生産されているという眼鏡の産地福井県鯖江市の中にある、眼鏡製造会社 株式会社三工光学で製造されています。
このviewっと めがねは有線でタブレット端末やノートPCに接続し、鼻部分にあるカメラで撮影した映像をリアルタイムに送信、また骨伝導イヤフォンで音声を受信するというもの。
こちらも産業ユース寄りですが、テレビ電話会議などでも目線と同じ位置で撮影できる利点、また目の見えない人が掛けたviewっと めがねからの映像を元に音声で道案内をするなど、使い道は色々とありそうです。

wearable-device-eyewear1

こちらも度入りレンズ対応。

そして昨日Twitterで話題になっていた、新しいデバイスメガネ『 雰囲気メガネ 』。
こちらは電話やメール・SNSの着信、株価や天気の変動などを、メガネからレンズへ投影されるLEDの光や小型スピーカーからの音で、それとなく(雰囲気で)ユーザーに知らせてくれるというもの。
日本に販売網を持っているメガネの三城から発売される予定との事で、上記のviewっと めがね同様に掛け心地も日本人に対応していて良さそうです。
この雰囲気メガネは、現在はサービス終了してしまったあのAR(拡張現実)アプリセカイカメラ』開発者でもある赤松正行氏( @akamatsu )が開発にも携わられているとの事で、アプリと連携したスマートな見せ方が期待できますね。

wearable-device-eyewear2
wearable-device-eyewear3

こちらも度入りレンズ対応です。

こうして見るとviewっと めがね雰囲気メガネなどはユニットが小型化されてきているせいか、だいぶん眼鏡として顔に掛けても違和感の無いメガネに近付いてきているように感じます。
まだまだ基盤や内部配線、イヤフォンやスピーカー、バッテリーなどなど、小型化されていくであろう要素は多分にありますが、時計指輪以外のウェアラブルなデバイスとして、眼鏡は伸びていく余地はありそうですね(*´ω`*)


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




“日本からも続々と!Google Glassに続くように、ウェアラブル デバイス メガネ『 viewっと めがね 』や『 雰囲気メガネ 』が発売・発表されています” への1件のコメント

  1. […] 日本からも続々と!Google Glassに続くように、ウェアラブル デバイス メガネ『 viewっと めがね 』や『 雰囲気メガネ 』が発売・発表されています(Happy Word) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

まだデータがありません。

フィードメーター