【3D】3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデルが面白い

【3D】3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデルが面白い

3Dプリンターの技術は昨年以降、様々な場面で活用されるようになってきました。
例えば砂糖を3Dプリントしてという記事も話題になっていましたし、当ブログでも取り上げた脚の形状をスキャンして3Dプリントする靴や、3Dプリンターで作る、幾何学形状の照明器具などもその1つです。

そんな中今回ご紹介するのは、ニュージーランドのビクトリア大学を卒業したJake Evill氏によってデザインされた、骨折箇所を保護するギプスのコンセプトモデル『Cortex』です。

3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデル1

Cortexは薄く網目状なので、服を着る事もできるし、水で洗ったりもしやすくなっています。

3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデル2

これまでのギプスの場合、かさばる・重い・不快などの問題を抱えていましたが、このCortexの場合はそれらの問題点を改善しています。

3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデル3

力の掛かる所と掛からない所で、メッシュの密と粗が調整されています。

3Dプリンターで作る新しいギプス『Cortex』のコンセプトモデル4

(via: GIZMODO )

汗をかいたり水にぬれてもすぐに乾いてしまうので、衛生的かもしれませんね。
腕や足の形状を3Dスキャナーで読むと、自動でこういったメッシュ状のデータが作られ、3Dプリントされるような世の中になるのでしょうか。

今のモデルはポリアミドで作られ、3Dプリンティングには約3時間掛かっているそうですが、3Dプリンターのスピードが上がってくれば、製造時間の問題はクリアできそうですね。
問診や治療を受けている間に3Dプリンティングし、帰りには装着して帰る事もそう遠くない未来には、可能になっていそうです。


感想などをシェアして頂けると、とってもとっても嬉しいです (๑❛ᴗ❛๑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
LINEで送る
RSSで読む




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



人気の記事

フィードメーター